FC2ブログ

「2019年10月」の記事

謹んで 八千草薫さんのご冥福をお祈りします。

2019/10/29         

振り返れば1989年8月でしたが、前日フェリーでサハリンから帰国して、翌日札幌へ戻るために稚内空港へと向かいました。空港へついて出発便が遅れていることが判り、チェックインを済ませ2階のコーヒーショップへ立ち寄りました。そこで声をかけてくださったのが当時の稚内市長で、東京へお帰りになるお客様と遅れている便をお待ちだということで、私も同席させてくださいました。そこにいらしたお二人は、八千草薫さんと映画...

ラグビーワールドカップ:決勝進出決定

2019/10/28         

準決勝の2試合、イングランド対ニュージーランドと南アフリカ対ウェールズともに素晴らしかった。ニュージーの敗退は意外でしたが、ラグビーの試合を見ていてやはりあり得る結果ですね。日本がアイルランドに勝ちスコットランドに勝って、当たり前と思えるのが結果ですから。南アフリカも4年前の雪辱に燃えて、日本に向かってきたのも結果です。結論から言えば、試合を見ていてラグビーでは「まぐれ」がないことが判った。常に練...

スポーツの秋:サッカーにラグビー

2019/10/26         

本日未明にテレビ放送された全日本高校ラグビー南北海道決勝戦を観戦しました。対戦は、札幌山の手高校と函館ラサール高校でした。ご承知の通り日本代表キャプテンのリーチの母校です。ただ高校ラグビーとはいえ大変素晴らしい試合内容で、見ごたえのある試合展開ででした。結果は、後半に山の手高校が勢いで押し勝ったのですが、高校ラグビーも放送さえあれば、もうすでに国民的人気は確保できていると思います。年末の花園の試合...

いきなり気温が下がりました。(クリックして全文を読む)

2019/10/25         

さすがにいつもの朝よりも「寒い」と感じました。日中の気温も15℃で風も冷たく、外を見ると紅葉が一気に進んでいました。なによりも藻岩山が短時間で、紅葉が色濃くなってしまいました。いつもの年よりも暖かったところから、やはり寒さが身にしみます。けっこう周りで風邪をひいている方々が多いようです。すでに先週あたりから芋焼酎もお湯割りに変わりましたので、いよいよ晩秋が色濃くなってきました。さて明日土曜日はいよ...

東京五輪:成功を目指してください。面子はどうでもいい・・・・。

2019/10/24         

月末のIOCの調整委員会を前に、東京都知事は独自の代替え案を打ち出した。バッハ会長や森委員長に対して、あくまでも札幌案とは別の提案です。まさに彼女の性格丸出しが今回も示されています。さすがに、評判の悪い豊洲移転問題は知らん顔をしている。いずれはこの問題は追及されなければいけません。マラソンや競歩の暑さ対策を考えるならば、パラリンピックの車いすマラソンも心配ですね。これもまた北海道知事が消極的な態度で...

即位礼正殿の儀

2019/10/22         

今年5月に即位された天皇陛下は、今日国内外に正式に宣言されました。皇居内で行われた「即位礼正殿の儀」という公式行事で、私としては平成天皇の時と2度歴史の移り代わりを目にすることになりました。ということは、昭和~平成~令和と三代の年号を生きてきたことになりました。世界のあ83か国から王室や国家元首などを迎えて、皇居の会場が狭いくらいの状態のようでした。すべてが日本古来の伝統に基づいて、普段みることの...

ノーサイド:日本チームは私たちの誇りです。

2019/10/21         

一夜明けて、札幌は最高気温19℃ととても暖かい秋晴れになりました。昨夜行われたW杯ラグビー準々決勝 日本対南アフリカの結果は4年前に比べて相手も進化していました。強豪イングランドとスコットランドを破ってきた日本でしたが、昨夜の試合内容を見た限り相手チームも日本を研究し尽くして、快速の2人を徹底的にマークして見事に封じていました。これが戦略的なスポーツ「ラグビー」なのですね。相手はW杯2度の優勝経験が...

ラグビー:今夜念願の4強入りを目指して・・・・・!。(クリックして全文を読む)

2019/10/20         

見事4連勝で予選を勝ち抜けて、今夜初めての4強入りを目指します。対戦相手は、4年前に奇跡の勝利と言われた南アフリカです。日本チームは、格上と言われたアイルランドやスコットランドを破りここまで進んできましたが、南アフリカの現在のチームがどれほどの実力か未知数です。くしくも今日はかつての日本ラグビー界をけん引して、若くして亡くなられた平尾誠二さんの誕生日という因縁の日でもあります。同志社大から神戸製鋼...

東京五輪マラソン・競歩:札幌開催は結論だった。

2019/10/19         

猛暑が予想される東京から札幌への開催変更は、IOC・組織委員会・五輪担当大臣・札幌市長の間では、了解されていたようです。しかも、IOC会長はその時点で問題があったドーハに居て、そこから日本の関係者と連絡を取り合っていたのです。この時点ですでに結論だったのでしょう。ボールが飛んできた札幌しは、何よりも冬季五輪の招致へ有利になることを考えて、すぐに動き出したからことは進みだしたのでしょう。おそらく道庁や警察...