FC2ブログ

「2019年05月」の記事

カムチャツカ火山博物館

2019/05/30         

多くの皆様がご承知の通りカムチャツカは、火山の半島です。日本に向かって、千島列島沿いをなぞるように千島火山帯がつながっています。もともと火山研究所は世界的に有名で、専門家も多く集まるところです。ここは博物館でまだできたばかり。研究所の若い研究員が自費で設立し観光客に火山を広く紹介することを目的にしています。大変わかりやすい展示になっていて、館長が自ら熱心に説明してくれて特に日本の雲仙岳の火山噴火と...

日本と歴史的に近いカムチャツカ

2019/05/29         

歴史的に繋がりの深いカムチャツカと日本は、想像以上も前から音気合がありました。北海道から千島列島を経てカムチャツカ半島へ海流はそこへ船を自然に運んでくれるからです。伊勢から流されて漂流した大黒屋光大夫と磯吉の展示が博物館に彼がもっていたという当時の古銭とともにあります。映画やドラマでも広く紹介された歴史的な事実でもあります。博物館は最近改装されて、3年ぶりに訪ねてみて、大変整備が進んでいることに気...

ようやくカムチャツカから登場。

2019/05/29         

26日の早朝札幌を発って成田~ウラジオストク~と経由して現在ロシアの東に位置するカムチャツカ半島の中心地ペトロパブロフスク・カムチャツキーで、慌ただしく仕事をしています。ものすごい勢いで動いて少々バテ気味状態で、早寝早起きの合間にようやくブログの更新に着手しています。北海道の猛暑をロシアのニュースで見ながら、こちらはといえば平均16℃の晴天で爽やかな春の風に吹かれながら、過ごしています。...

今年もふじ棚が美しく・・・・・。

2019/05/25         

中島公園の散策路の途中にあるふじ棚は、1年の中でこの季節だけがふじの美しさを見せてくれる。あとは真夏の暑い日差しをを避けてくれるくらいでしょうか。パークホテル側から入って茶店の前を通り抜けるとふじ棚があり、そそを通り抜けるとKITARAへは左、豊平館へは右へ行きます。ふじの花は今が見どころで、晴れた空によく似合っています。ここ中島公園もそろそろ北海道神宮大祭の夜店の設営がまじかです。今日の札幌の現在の気...

クマと共生できるか?・・・・。(クリックして全文を読む)

2019/05/23         

毎年のことですがこの季節になるとクマの目撃情報とか、実際の被害がニュースになります。こちら札幌でも住宅地に近いところを歩く場合多々あります。その中でも西区や清田区、南区が一番多いようです。報道の内容によっては、住宅地にクマが出没と書かれてしまいますが、かつてはここがクマの居住地の山林だったこと知らない人も多い。しかし、そのような地域も少子高齢化で空き家が目立ってきています。特にこの季節に親離れをし...

リラ冷えのような日

2019/05/22         

昨日は日中でも17℃で風もあり寒く感じほどで、夕刻から本格的な雨は降り初めました。傘をさして歩きながら久々に寒く感じました。いやが要にも「リラ冷え」を意識してしまいますね。行き帰り通り抜けた公園でもライラックが満開です。ツツジの花が終わりかけていますので、今が公園の花の主役のようです。特に紫色が目立ちますね。今日から気温が上がり気味となり週末が楽しみです。今週は外での会議が多くあり、そのほかの打ち...

晴れの日が続きました。

2019/05/20         

週末を挟んで晴れた日が続きました。ただ本日の夜半から雨が近づいてきているようです。本州のほうでは雨雲がかかり始めたようです。今カムチャツカへ出かける準備をしていて、場合によっては切つまることもありそんな時には、空模様を見ながら公園へ出かけるとなんともストレスを払拭してくれるから助かっています。この頃中島公園を訪れる人たちのなかで、本当に外国人観光客の多いことに驚かされています。やhり彼らの行動形態...

好天に癒されています。

2019/05/18         

好天が続いています。仕事で外出しても街中を歩いても、汗ばむくらいの天気です。家のベランダを一日中明けはなして、春先に空気を通してみました。それも気分的にいいですよね。吹く風も爽やかで、花の香りも心地よく北国の春が満喫できる季節です。こんな季節は、同じように春山菜を料理して食べてみました。行者ニンニクのおひたしや山ウドの酢味噌和えなど食べて元気が出ました。満足感!!!!。菖蒲池の鴨たちも元気で、明日...

札幌はチューリップも季節です。

2019/05/16         

サクラの後をうけてライラックの季節となりました。中島公園にもたくさんのライラックの木が咲き誇っていますが、近寄るとなんとその香りに癒されることか改めて感じます。地上では、チューリップがその存在を強調するかのように咲誇っています。鮮やかな分だけ長い時間持続できないのがチューリップの特徴です。自分で育てた経験から咲き終えた球根の保存には、手間暇がかかりますが咲いた時のことを考えながら大事に保存していま...

第61回札幌ライラックまつり

2019/05/15         

まだ八重ザクラが咲いていますが、追っかけるようにライラックが咲き始めました。濃いリラ色と薄いリラ色と白い色の3色です。今年で61回を迎えると思えば、おまつりに無料で配布されたライラックの苗木を各家庭でお庭に植えてここまで増えてきたと記憶しています。私も子供のころ父が先着順ということで、早くから出かけて行ったことが記憶にあります。今年も今日が開幕で、先着1,000本配られる予定です。それが61年も経...