FC2ブログ

「2019年02月」の記事

ウラジオストク:レーニン広場から港へ続く橋(クリックして全文を読む)

2019/02/28         

港街ウラジオストクも坂の街です。おおよそ港へ向かうときは下りで、港を背にすると登り坂です。ここから見渡すと手前からレーニン像その先に鉄道駅と海洋ターミナルに金閣湾、その上を平行に横切る金閣湾横断橋が一望できます。観光客にとっては、大変楽しい散策コースになっています。鉄道線路の上に架かる橋を越えて海洋ターミナル正面へ向かいます。このには、お土産店やカフェ、レストラン、家電品店やオフィスなどに美容室な...

ウラジオストク鉄道駅

2019/02/27         

鉄道ファンのあこがれとも言われる「シベリア鉄道」の上りの始発駅ウラジオストクです。ここに来られれば、それだけでも満足というマニアもいて人気の観光スポットです。駅舎の外装は何度か塗り替えられています。待合室に掲げられたシベリア鉄道の案内板です。以前は意外に駅舎への立ち入りが簡単でしたが、現在テロ対策などセキュリティ対策もあり見学目的者の出入りは厳しく制限されています。それでも線路上に架かる跨線橋から...

春が近い:ウラジオストク②

2019/02/26         

ほとんど雪はありませんが、朝晩はまだ冷えています。日中の日差しは暖かく風がなければ、ぽかぽかとしのぎやすい季節です。駅から商業港の周辺を歩いてみます。かつてレーニンの革命を地方から進めた大きなな役割を果たした地方が、ここウラジオストクでした。1990年初頭まで閉鎖都市として開放を拒んできた都市でした。現在では、プーチン大統領が最も重視する極東ロシアの拠点です。すぐにのぞきたくなるキヨスクには、様々...

春が近い:ウラジオストク

2019/02/25         

ロシア極東の玄関口ウラジオストクは、日本海に面していることからいち早く春の訪れが早い。現在の気温も0~一桁と緩んできたようです。そのため春先は比較的曇った日が続きます。市内の中心部革命戦士の広場この季節ともなれば、もう大量の積雪はないと思われます。若者に人気のファーストフード売りは、昼ともなれば行列ができてしまいます。いつも混んでいるのですが、日本のようにライバル業者が競合してこないのが不思議に感...

冬のオフロードを越えて・・・・・・・。

2019/02/23         

サハリンも着実に春に向かいはじめています。まだまだ寒い日もありますが、たまに出てくる陽ざしが温かさを増しています。この季節スノーモービルのツーリングを楽しむ若者たちがいます。コースは市内から東へ向けて山の裾野を駆け抜ける約60kmで、終点はオホーツク海の沿岸まで。夏には山道ですが冬は完全なオフロードで、ノルディックスキーのコースとなります。...

忘れたころに来た地震(クリックして全文を読む)

2019/02/22         

昨夜の地震中央区は震度3といいますが、勝手な判断で4と感じました。揺れてる期間は短かったのですが、揺れは大きく感じました。9月以来の経験でしたから揺れた瞬間「なにをすべきか?」と考える瞬間がありました。貝中電灯や携帯電話・ラジオ予備充電器などの存在など、頭のなかで確認してました。電気のついてるうちにバケツに水を貯めようかなど、飲み水はあるのでトイレの水を想定したり、結構考えていましたが次の揺れが大...

大切にしたいレトロな民芸品

2019/02/20         

1990年代初頭、サハリンへの観光が始まったころお土産品など見つけにくかった・何気なく街中を散策している際に偶然立ち寄ったお店の片隅に置かれた、民芸品らしき物を見つけることがあった。そんな時に見つけ出したものが、北方民族の壁飾りでした。あとあとロシアの友人から説明を聞いて、サハリン北部の先住民族の手作りであることが解った。また港町コルサコフで見つけた泥人形は、地元のおばあちゃんの「手作りで量産され...

ソ連時代の懐かしいオモチャたち

2019/02/19         

ロシアコレクションの中にある懐かしくい素朴なオモチャで1980年代の終わりころを思い出させてくれます。このころは、まさに物不足で街中の食料品店のどこへ行っても棚には物がない時代で、多少入荷しても長い行列ができていた。そんなころにどこかのお店の片隅でみつけた物だと思います。そのころ滞在していたホテルでは受け入れてくださっていたパートナーが、あの物の不足していたにも関わらず酒類や食料を確保してくれてい...

残したい老舗の味:かにめし など

2019/02/18         

北海道では、元来毛ガニといえば長万部でした。その時代東京へ行くなら鉄道に乗り~連絡船に乗り継いでいた時代でした。若いころでしたから東京へ着くまでの長時間は、なによりも駅弁を楽しみにしていたころです。長万部の「かにめし」や森の「いかめし」、函館のニシン弁当が有名ブランドでした。(写真はかなやさんのHPから)やはり中でもかにめしは別格でした。その後社会人になっても出張の際にも食べる機会がありました。車で...

ロシア:干支や占いのお話し。

2019/02/16         

ロシアにも干支がある、という話題はすでにお話しました。やはり出てくるのは、イノシシよりも豚が多いようです。それも可愛い豚のキャラで、今年は様々なものが売られています。以前ロシアで生活していたころロシアの友人から日本には干支があるか、と聞かれてそれに答えると占われたことがありました。その時にロシア人の占い好きに気が付きました。特に女性に多いのですが、ロシア人はとても占い好きです。星座占い、血液占い、...