FC2ブログ

「2018年04月」の記事

天気もサクラも人出も・・・・・・。(クリックして全文を読む)

2018/04/30         

PM2・5が去ったようで、ようやく青空に変わりサクラを引き立ててくれています。気温も20℃を越えたようで、公園の人出も増えていました。中島公園は火器厳禁ですからBBQやジンギスカンは出来ませんから、こじんまりとピクニックを楽しんでいる感じです。大通公園を除けば、こんなにも都心でお花見をしながら呑める場所はそうそうありませんね。菖蒲池のボートも大盛況のようで、昔からの懐かしい光景です。池の周りのベンチも満...

日本庭園の梅とサクラ

2018/04/29         

中島公園の中にある日本庭園は、全体の設計もなかなか凝って造られていて、これからの季節で池の鯉や庭の小さな滝、八窓庵などと見どころがあります。ゆっくりとこの雰囲気を楽しもうと時間をかけて歩くなら、心身ともにリラックス出来るでしょう。北海道ならではのコラボで梅とサクラの競演ですが、これからが満開です。いつものことですが、私は素人カメラまんですから決めたアングルで素早く撮って動きますが、よく見かける「い...

中島公園もついに開花

2018/04/28         

本日、中島公園もついに開花しました。気温は15℃ですが、昨日から空を覆っているPM2・5が今日も煙霧状態で、残念ながらサクラの美しさを半減させています。種類によってはまだ5分咲きのものもありますが、晴れた空であればもっと美しいサクラが楽しめるでしょう。連休前半の明日以降に期待しましょう。それでも短いチャンスを狙って、家族連れは食事で仲間内は飲料と肴を持ち込んで昼間から宴会としゃれこんでいます。でも、...

大通公園:桜が一気に開花

2018/04/27         

気象庁の開花宣言があったので、出かけたついでに大通公園に立ち寄ってみると案の定6丁目の桜とコブシが開花していました。毎年のことですが、ここの桜が一番先に咲きます。その後に他の場所の桜が次々と咲きこの周辺が賑やかになるのです。そうしてすぐ隣のコブシがほとんど同時に開花して、ピンクとホワイトの競演となります。昨日は、気温があまり高くはありませんでしたが、陽射しの暖かさで汗をかくくらいでした。テレビ塔に...

本格的春を待つ中島公園④(クリックして全文を読む)

2018/04/26         

今日もやはり気温はあまり上がりません。昨日、雨の中出かける時に地下鉄駅まで公園を横切った際に見たサクラは、二分咲きと見た。明日はもう少し気温が上がりそうなので、明日サクラウオッチに行こうと思う。ようやく池を取り囲んでいたロープが外されて、開放感があります。先日発表された札幌市の中期計画の中にこの周辺に国際会議場がつくられるようです。パークホテルは、相変わらず外国人には人気ですからね。私もここで国際...

本格的春を待つ中島公園③

2018/04/25         

桜前線がいよいよ近づいて来ましたが、もう一歩のところで気温が上がりません中島公園の本格的な春は、桜の開花と貸しボートの営業開始でしょう。おそらく舞台裏では、様々な準備が行われていることでしょう。実際にまだまだ公園内を散歩する人達は、追おう有りません。犬の散歩や家族連れもあまり見かけられません。やはりゴールデンウィークには咲く桜やコブシをまっているかも知れませんね。菖蒲池の東屋も利用する人もまばらで...

本格的春を待つ中島公園②(クリックして全文を読む)

2018/04/24         

4月もここまで来てなかなか気温が上がりません。それでも毎年のことですが、早咲きの桜はもうすぐのようです。確かに連休中の北海道神宮でのお花見の時なんか、いつも寒くて厚着で呑んでましたね。~今年はどうでしょうか?。実はもう10年も前になるでしょうか、この中島公園のある場所で行者ニンニクあることに気が付いたことがありました。その時も写真に収めていましたがすぐに収穫さていました。あれから10年以上経って今...

本格的春を待つ中島公園

2018/04/23         

ここのところ好天が続いていますが、また気温が15℃前後に落ち着いています。中島公園はまだ池の周りに張られたロ^プがそのままの状態で、おそらくゴールデンウィークまでは撤去されるでしょう。多分、合わせて池のボートも開業されると思います。そして、豊平館の脇にある早咲きのソメイヨシノのつぼみも開花を待っている様子。公園の入り口に咲くパンジーも今年は、通る人々を和ませてくれます。カメラかスマホを持った散歩の...

ロシア極東地方の海の玄関

2018/04/22         

ロシアにおけるウラジオストクの位置的役割は大きい。北東アジアの諸外国から集まるコンテナをはじめ多くの貨物がここ陸揚げされています。すでにウラジオストク港だけでの対応がリミット達していて、同じ沿海地方のナホトカ港やボストーチヌイ港などと役割を分担しいます。ここは、鉄道駅の海側に建つ商業港の海洋ターミナルで、現在この岸壁に荷揚げされる貨物は、乗用車をはじめ建設機械などが多く、他に世界各国から訪れるクル...

ウラジオストクの観光スポット

2018/04/21         

ソ連崩壊後に外国人観光客のために関方された閉鎖都市だったウラジオストクには、かなり豊富な観光スポットがあります。その中でも市内の中心部の港周辺にも見どころが多くあります。革命戦士広場は、共産主義革命の際ウラジオストクが地域的に果たした役割を評価して、いくつかの銅像が建てられていて、現在もこの広場では様々なイベントが行われています。またこの広場から海岸通りにかけて、市民にための散策コースとしても親し...