FC2ブログ

「季節」の記事

新年度:やはり日本は4月1日

2020/04/01         

4月1日、お役所、多くの企業、学校関係など新年度の始まりです。外国では、1月を新年度の始まりとする役所や企業もあり、学校の新年度を9月とするところもあります。エイプりールフールですが、すでにロシアのでっかいフェイクニュースで笑わせてもらいましたが、それを越えるものはまだ聞いていません。今日の札幌は一時15℃まで気温が上がりました。早速ベランダを開けエ外気を室内を通ししてみました。その際、晴れ渡った...

三寒四温からもうすぐ春・・・・・・。

2020/03/25         

22日から23日に朝にかけて、すこしづつ雪が降りました。ゴミ出しついでに名残りの雪をカメラにおさめた。なにも操作していないのに勝手にモノクロの画像になっていました。一時的に10℃を超える日も何度もありましたが、また2~3℃で春らしいべた雪が降ったりしています。ここ2-3日は外出の服装は、ほとんど冬に近い感じです。それでも室内では、暖房を使用する頻度はかなり減っています。中島公園へ通じる道路も、この画...

弥生=三月=今日は桃の節句(クリックして全文をご覧ください)。

2020/03/03         

日いちにちと、日の入りが遅くなってきました。ひな祭りですし、少しだけ雪が降りましたが、やはり春の近さを感じさせられています。日本の伝統文化のなかでも「桃の節句」と端午の節句」は、子供のころからから夏に近づくイメージでした。春は卒業式と入学式と続きますが、今年は残念ながら父兄など参列者のいない卒業式や式そのものを中止した学校もあるようです。新型コロナウィルスの影響は、様々な方面に想像以上の影響を及ぼ...

寒さ厳しいロシアが「春を迎えるお祭り」

2020/02/25         

2月24日から3月1日まで、ロシアは「マースレニッア」というお祭りが開催されています。長く続いた厳しい冬を終わらせ春を迎えるという、寒い国の切実なお祭りで、私たち北国にとって親しみのあるお祭りです。言葉を直訳すれば「バター祭り」となりますが・・・・・・・。わらで作った冬の精の人形に火を点けて燃やし、春の到来を祈るというお祭りです。ちょっと残酷な気もしますが、やはり素朴で現実的な気持ちの現れと理解で...

小樽駅から歩いて観光。

2020/02/22         

4番ホームのランプが、暖かく感じる。冬の小樽もいい。特に札幌から電車に乗って行き駅前の通りを運河に向って歩き、のんびり時間を過ごしなが楽しむ散策がお勧めです。運河とレンガ倉庫のステンドグラスが素晴らしい。ここから運河通りを歩いて、田中酒造の亀甲蔵へ向かい唎酒が楽しみです。その前後にオルゴール堂などにも立ち寄りたい。この界隈には、昼食を楽しめる飲食店が多い。お酒も呑んで食事が済んだら、ガラススタジオ...